professional lawyer

もしもどうすれば

払いすぎてしまったというトラブルは専門の弁護士に相談しておくことが大切です。過払い金は千葉の法律事務所で確認してみよう。

高額になって支払いに困ってしまいがちな相続税のシミュレーションを行ないましょう。早い段階で正確なシュミレートを行なうことが大切です。

釈放されるかどうかは、時間との勝負です

もしも家族が逮捕されてしまったら、どうしたらいいのでしょうか。 逮捕は3日間という期限があります。この期間内に勾留請求がされない場合は、釈放となります。勾留が請求され、認められた場合の期間は10日間です。さらにもう10日間の勾留延長も可能です。ですからトータルすると23日間にもわたって逮捕、拘留されます。 長いように感じるでしょうが、この最大23日間は時間との勝負です。 逮捕されると、警察署で取り調べを受けた後、検察庁へ身柄を送られます。そこであらためて、検察官の取り調べを受けます。逮捕されてから72時間以内に検察官は、被疑者に対して勾留請求するかどうかを決めなければなりません。勾留しない場合は釈放となります。 勾留請求が行われると裁判官が判断を下します。証拠隠滅や逃亡する可能性がある場合などに勾留請求が認められます。 次に、検察官は勾留期間中に被疑者を起訴するかどうか決めます。起訴しない場合は釈放されます。起訴されると刑事裁判にかけられます。

刑事事件を専門とする弁護士なら土日も対応してくれます

上記のように、最大23日間の逮捕、勾留期間で釈放されるチャンスはあります。このあいだに、刑事事件を得意とする弁護士に依頼することで、流れが大きくかわってきます。逮捕されたら、一刻も早く弁護士に依頼しましょう。弁護士が検察官に勾留、起訴しないよう求めたり、裁判官に勾留請求を認めないように働きかけます。 しかし、弁護士という肩書を持つなら、誰でもいいと言うものではありません。弁護士という職業は非常に高度な専門知識を要求されます。その中でも、得意とする分野を持っていて、知識量や経験豊かな専門分野を持つ弁護士も多いのです。刑事事件なら刑事事件を専門とする弁護士をつけましょう。又、刑事事件を専門とする弁護士は土日も活動していることが多いようです。刑事事件はいつ起きるかわかりません。土曜や日曜に検察庁へ移送されることもあります。通常の弁護士事務所では土日休業のところが多く、限られた時間を有効に使うことが難しいでしょう。

パートナーの不倫が発覚したら、納得のいく離婚が出来るように離婚の慰謝料について専門知識を持った弁護士に相談してみよう!

なにかとトラブルになりやすいのが、男女の関係です。結婚をしているとよりトラブルに繋がることもあります。離婚相談は大阪で行ないましょう。

Pick Up Contents

逮捕されたその時

逮捕されたとなるとその後は刑事的な流れとなり、必要である行動は一国も早い刑事事件専門の弁護士に相談して野党事になります。逮捕状をもらってからの72時間が勝負であります。

事実と取り調べ

法的な形で事件は段々紐解かれていく形となりますが、時には被疑者やその家族の人権を無視した行為をされる事があります。その時に力になるのが刑事事件専門の弁護士であるのです。事の白を照明するには法で立ち向かうしかありません。

時間内に行動を

警察署での留置や検察庁での取り調べには時間制限があるのです。この限られた時間内に刑事事件弁護士は釈放に向けて行動をしてくれる事になります。不起訴処分へと事を運ぶには時間との勝負となるのです。

Copyright © 2015 刑事事件には専門の弁護士の力を借りる【その逮捕異議あり】 All Rights Reserved.